2017年08月06日

ごっくん馬路村ソフトクリーム!

毎日、あつすぎる、、
風は強いが、晴れてるなぁ、、
台風はどうなってんだろ?

なんかまったりニュースを見る時間すらとれない夏休み期間。

家にいても、すわってる暇もなく、コップ洗ったり、なんやらかんやらやることだらけで。

自分のペースでなにかに取り組むことができないストレス。。

ひっそりおやつandティータイムもないし。。


そら、やせますわな、、

絶対防衛ラインを突破しないようがんばる、。




で。
なんかカロリーのありそうな、さっぱり食べれるものはないか、、
とさ迷って、

やってきました。
馬路村!
じゃなくて、御座卸団地!!(笑)

ニトリのうしろの馬路村のアンテナショップ。


うまー!!

170805_1427~001.jpg




info





posted by kana at 12:51| Comment(0) | 食べ物・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

イオンモール高知でニコニコブローチ、ストラップをつくろう

行ってみた!

めっちゃすごかった!

170805_1341~001.jpg



無限にあるパーツのなかから、自分だけの組み合わせをかんがえて、

ならべて、接着剤とレジンで、きれいなキーホルダーができました〜!




info




posted by kana at 15:36| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

今週のよんだ 幸福のパズル

何かの書評欄か何かでこの著者名を見たときの、私の気持ちをどう説明したらいいかわからない。



幸福のパズル
折原 みと


わい「ファっ?!」




ちょっとしたフラッシュバックですな・・・。

厨二のメンタルがぐわああああって脳内にあふれてきて、一人でうわあああああ!!!ってなったw


まさに中学生の頃、読んでましたから。ティーンズハート。
読み漁った。と表現できると思う。

社会の教科書と重ねて読んでて授業中に号泣して、先生にあやしまれるっていう。
おろかな青春の1ページよ。。

友達と貸し借りしてて、没収されたり、かりぱくされたり。
今も実家にあるんだろうか・・・。

教室には、「折原みと派」と「藤本ひとみ派」がいたりして。



懐かしいわ。
ピンクの背表紙。
作者によっては、ページの下部がほとんど余白なんだよね。

会話のみでストーリーが進んでってw

ドカツ
「だれだ?」
「おまえこそ!?」

みたいなこまぎれの文が並んでるだけの。




私の思想の4%くらいは、折原みとで構成されている気がする・・・・・・・。

私の人生においては、キラキラした王子も、キラキラした恋愛も無縁だったがな・・・・・・・。




中学以来まったく目に入らなかったんだけれども、
デビュー30周年だそうで。
ま・じ・か。


【辻村深月絶賛】折原みと、デビュー30周年の大作。究極の純愛にメロメロの声
http://news.kodansha.co.jp/20170418_b01


うーーーむ・・・・。 王道恋愛モノ? 究極の純愛? 

しばらく読むか読まないか悩んで、結局、図書館で借りてきた。



やばい。一気読みしてしまった・・・・・・・・・・・・・・・。





【以下、内容に関することをぼやきます。】




なんなん!


そうそう、そうやっていつも、そういう時にやってくるわー。

そうそう! 大体複数のいい男に言い寄られるわー。

そうそう、本人はいたってか弱い無邪気っていうキャラよ・・・。
そのくせに、やるときゃやるっていう。。。


ぅあー!
なんだこの、ドリルの答え合わせみたいな。
そうそう、そうだったわー。。。あーー!


そうそう。結構すぐ意識遠のくねん。。。。

そうそう。すぐ入院するけど、すぐ退院すんねん。。。



折原あるある、いますぐ言いたい〜♪ あるある〜いいた〜い〜♪




年十年たっても、何も変わってないのだ。

私たちの折原みとも変わっていないけど、
よむ私も何も。


青春時代を折原みとと過ごした方には、是非読んでほしい。

そして、のたうちまわってほしい。



ちょっとした人生の中間地点での答え合わせにピッタリな一冊。





中2で、ティーンズハートにときめいていたオタク乙女は、
今では、子どもの感想文の宿題に頭を悩ませ、毎日の献立にひーひー言って、
白髪に悩まされ、見本となるおばさんモデルがいなくて服装に悩み、
ポケモン探して公園をうろうろして、
ドラクエを買えないまま悶々と過ごしているのだ・・・・・・・・。


そして、折原みと本人は、なんと、おひとりさまなんだと・・・・・・。
ええええええええええええええええええええ






まぁ、そうだ。

人生に王子はあらわれない。

現実はきびしーのだ。




また、10年か20年ぐらいしたら、またその時に、折原作品を読んでみたいと思う。

そして、ちょっとときめきを思い出して、そしてのたうちまわって、そしてイライラする。と思う。


info





posted by kana at 09:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする